ショッピング中毒かもしれない5つのサイン

ショッピング中毒かもしれない5つのサイン

 

 

ショッピング好きですか?ショッピングマニア?それともショッピング中毒?中毒まで行ってしまうと要注意です。自分の買い物に対する愛情や、これとの関わり方を今一度チェックしてみましょう。

 

1 未開封の商品

 

あなたのクローゼットには、未開封またはタグ付きのアイテムがたくさんありますか?いいえ、決して、叔母が去年のホリデーシーズンにくれたセーターについて話しているわけではありません。あなたはおそらく、一日も日の目を見たことがない、クローゼットやジャケットの下の方に並んでいる靴のボックスのことを忘れているはずです。クローゼットを開けて、散策してみてください。奥の奥の方に、箱に入ったままの靴などが眠っているかもしれません。

 

2 似たものをたくさん持っている

 

本当に購入すべき?そんな質問を自分に投げかけることなく、次から次へと商品に手を伸ばしていませんか?衝動買いは怖いもので、気づいたら、同じような商品が何個もあるものです。例えば、キャンドル、ハンカチ、シャツ、靴下…人の好みは大抵、ある種のものに固定されているので、それ自体は仕方がないことです。しかし、なぜそんなに同じものを重複して買ってしまうのでしょうか?それは、買い物にハマりすぎている証拠です。買う前に、家にあったかなと考えることができれば、未然に防げるわけで、これを怠っているのは明らか!むしろ、考えるのが嫌な場合が多いです。考えることが苦痛で、むしろ、購入する行動自体が快感になってしまっている可能性があります。これは要注意ですね。

 

3 嫌なことがあると買い物に逃げる

 

衝動買いは、寂しさ、コントロールの欠如、自信の欠如などの感情的な空白を埋めるための試みとしてよく使われます。そして、何より、気持ちがいいので、とっても魅力的です。気分障害、摂食障害、薬物乱用の問題に苦しむ人にも基本的には同じ心理の傾向が見られます。つまり、何かも問題から逃れるために、逃げ場を作っており、これ自体はいいのですが、結果的に自分を苦しめることになってしまうかもしれません。嫌な一日の最後にストレス発散のために買い物。衝動買いを日課にしていませんか? 何かを購入すると興奮状態を生み出す物質が体の中で発生します。これは何かを所有するのではなく、購入する行為に直結しており、”ハイ”な気分、またはアドレナリンの急増を意味します。専門家は、買い物客が望ましい商品を見て購入する時に、快楽に関連する脳化学物質であるドーパミンが頻繁に血液中に放出されることを科学的研究から発見しています。この爆発的興奮は中毒性を誘発することがあります。

 

4 購入の後に後悔の気持ちが続く

 

何かを買った後に、いきなり罪悪感が姿を表す。そんなことありませんか?この罪悪感は、大きな買い物に限ったことではありません。強迫的な、または衝動的な買い物は、しばしば割引セールや掘り出し物に関連づけられる傾向にあります。そして、家に帰ったあと、または翌日に、大きな後悔に襲われるのです。しかし、繰り返される反省にもかかわらず、このような状態にある人は、同じような衝動買いと後悔のサイクルを繰り返すものです。そもそも後悔があるのは、購入したものを本当に必要だと感じていない証です。自分は一番正直です。体の奥の方から出てきているサインだと受け止めて、「そうか、本当は不要なものを購入することで快感を得ているだけなのかもしれない」と真剣に考えてみましょう。新しいものばかりに執着する必要はなく、今持っているものの整理をしてみるのもいいかもしれません。そこから、自分の後悔やショッピングの傾向が見えてくるでしょう。

 

5 買い物をしていない日にそわそわする

 

買い物に依存している状態の人は、ちょっとでも買い物のない日が続くと、不安になります。これは買い物が人格を肯定する要素になってしまっている証拠ですね。そんな意味で、ショッピングをしないと、自分の一部が抜け落ちたような気持ちになってしまうのです。これを解消するには、まず、自分の存在を肯定してアイデンティティを構築することでしょう。ショッピングがなくても自分は存在して、自分には価値があると理解することです。そもそもショッピングで手に入るものはアクセサリにすぎません。あなたがあってこその買い物です。自分自身が一番大事なのだという基本に目を向けることが重要となるでしょう。

 

オンラインショップ作りの前に知っておきたい4つのポイント

オンラインショップ作りの前に知っておきたい4つのポイント

オンラインショップを実際に作り始めようと思ったあなた。まず、何を知っておくべきでしょうか?今回は、初心者の皆さんのために、最初に心得ておくべきポイントをまとめてご紹介します。現段階では、全て、深く考える必要はありません。さらに今後の記事の中で、それぞれを詳しく説明します。

 

  1. システムを慎重に選択すること

 

あいまいで古いコードで構築された専門的なカスタムソリューションがないことが重要です。多くの人に知られており、サポートが整っていて、良いコミュニティがあり、すばらしい見た目のショップを生み出すことができるシステムを選びましょう。自分でコードを組んで色々とデザインをする面倒を避けたいのであればShopifyのようなホスト型プラットフォームを選ぶのが便利です。

 

  1. ショップの最適化を忘れずに

 

多くの人があまり意識しないポイントなのですが、ページ読み込み時間が遅いと、顧客が失われることになります。 オンラインストアを開始するときにホスティングつきのソリューションを利用する場合には、この施策はあまり必要ありません。裏を返せば、自身でできる自由度が少ないとも言えるでしょう。しかし、WordPressや他の自己ホスト型システムを使ってショップを設定したときには、 ページの読み込み速度を改善するための試みは絶対に必要となりまう。例えば、WordPressをスピードアップするためには、画像を最適化(画像の容量を減らすためのプラグインを使用、画像のサイズそのものを小さく抑えるなど)したり、コード(もし、自分でコードを記述する場合には)をシンプルにするなどの作戦が有効です。

 

  1. ユニークなショップにすること

 

自分の製品を実際に制作して販売する予定ですか?それならば、かなりのユニーク度は確保できるはずです。しかし一方で、ある製造元から提供された説明や写真をそのまま使用している人はたくさんいます。これだけでは、何の代わり映えもしません。非常によろしくないやり方です。結果として、あなたのコンテンツは、同じサプライヤーから購入する他の何百ものオンラインショップと、基本的に同じになってしまいます。少なくとも、すべての商品の説明を自分なりに書き換えて、自分のテイストを入れてください。 理想は、自身で製品の写真を撮影することです。製品の写真撮影の際には、あらゆる角度からいくつかのもの写真を撮り、jQueryプラグインなどを使用して回転して表示することのできる360ビューを作成するのも一つの手でしょう。

 

  1. 売るだけでは不十分

 

オンラインで買い物をする場所は世界中に溢れています。つまり、消費者はほぼ無限に選択肢を持っているということです。文字通り、世界中のどのサイトからでも選ぶことができます。 誰もコストをかけずに店舗を立ち上げ、低予算で競争することができるので、価格競争をしている場合を除き、サイトは単なる店舗以上のものでなければなりません。大事なのは、ブランディングをすることです。あなたのショップでなければならない理由を作りましょう。さらに、一つのブランドとしてあなたのショップを認識してもらうことで、その顧客が後からまたショップを訪れてくれる可能性は飛躍的に向上します。買う人の立場になって考えてみましょう。ただのショップ、または、どこにでもありそうなオンラインショップなのか。それとも、印象にはっきりと残る独自の色を出せているのか。新しくオンラインショップの世界に参入する場合を考えてみましょう。その時点ではブランドも、他の人よりもコストを削減する能力も普通持っていません。そんな時には、独特の製品に関する知識や技術、さらに特別な言い回しやコンセプト、デザインを使うことで、単なる店舗以上の印象を提供しましょう。製品に関連する質の高いブログ記事を作成しそれを公開することも有効です。その記事内から自分の製品にリンクを設定することも忘れずに。ブログから製品のページへと移動してくれるお客さんは、あなたのビジネスを支える鍵となります。さらに、専門知識をどんどん披露して、自分自身を専門家として確立することも重要です。あなたの持つ知識を共有し、製品に関係したトピックのコミュニティの一員になれば(もし該当する何かを見つけることができれば)、のちに製品販売につながる基盤を構築することができます。