オンラインショップ作りの前に知っておきたい4つのポイント

オンラインショップを実際に作り始めようと思ったあなた。まず、何を知っておくべきでしょうか?今回は、初心者の皆さんのために、最初に心得ておくべきポイントをまとめてご紹介します。現段階では、全て、深く考える必要はありません。さらに今後の記事の中で、それぞれを詳しく説明します。

 

  1. システムを慎重に選択すること

 

あいまいで古いコードで構築された専門的なカスタムソリューションがないことが重要です。多くの人に知られており、サポートが整っていて、良いコミュニティがあり、すばらしい見た目のショップを生み出すことができるシステムを選びましょう。自分でコードを組んで色々とデザインをする面倒を避けたいのであればShopifyのようなホスト型プラットフォームを選ぶのが便利です。

 

  1. ショップの最適化を忘れずに

 

多くの人があまり意識しないポイントなのですが、ページ読み込み時間が遅いと、顧客が失われることになります。 オンラインストアを開始するときにホスティングつきのソリューションを利用する場合には、この施策はあまり必要ありません。裏を返せば、自身でできる自由度が少ないとも言えるでしょう。しかし、WordPressや他の自己ホスト型システムを使ってショップを設定したときには、 ページの読み込み速度を改善するための試みは絶対に必要となりまう。例えば、WordPressをスピードアップするためには、画像を最適化(画像の容量を減らすためのプラグインを使用、画像のサイズそのものを小さく抑えるなど)したり、コード(もし、自分でコードを記述する場合には)をシンプルにするなどの作戦が有効です。

 

  1. ユニークなショップにすること

 

自分の製品を実際に制作して販売する予定ですか?それならば、かなりのユニーク度は確保できるはずです。しかし一方で、ある製造元から提供された説明や写真をそのまま使用している人はたくさんいます。これだけでは、何の代わり映えもしません。非常によろしくないやり方です。結果として、あなたのコンテンツは、同じサプライヤーから購入する他の何百ものオンラインショップと、基本的に同じになってしまいます。少なくとも、すべての商品の説明を自分なりに書き換えて、自分のテイストを入れてください。 理想は、自身で製品の写真を撮影することです。製品の写真撮影の際には、あらゆる角度からいくつかのもの写真を撮り、jQueryプラグインなどを使用して回転して表示することのできる360ビューを作成するのも一つの手でしょう。

 

  1. 売るだけでは不十分

 

オンラインで買い物をする場所は世界中に溢れています。つまり、消費者はほぼ無限に選択肢を持っているということです。文字通り、世界中のどのサイトからでも選ぶことができます。 誰もコストをかけずに店舗を立ち上げ、低予算で競争することができるので、価格競争をしている場合を除き、サイトは単なる店舗以上のものでなければなりません。大事なのは、ブランディングをすることです。あなたのショップでなければならない理由を作りましょう。さらに、一つのブランドとしてあなたのショップを認識してもらうことで、その顧客が後からまたショップを訪れてくれる可能性は飛躍的に向上します。買う人の立場になって考えてみましょう。ただのショップ、または、どこにでもありそうなオンラインショップなのか。それとも、印象にはっきりと残る独自の色を出せているのか。新しくオンラインショップの世界に参入する場合を考えてみましょう。その時点ではブランドも、他の人よりもコストを削減する能力も普通持っていません。そんな時には、独特の製品に関する知識や技術、さらに特別な言い回しやコンセプト、デザインを使うことで、単なる店舗以上の印象を提供しましょう。製品に関連する質の高いブログ記事を作成しそれを公開することも有効です。その記事内から自分の製品にリンクを設定することも忘れずに。ブログから製品のページへと移動してくれるお客さんは、あなたのビジネスを支える鍵となります。さらに、専門知識をどんどん披露して、自分自身を専門家として確立することも重要です。あなたの持つ知識を共有し、製品に関係したトピックのコミュニティの一員になれば(もし該当する何かを見つけることができれば)、のちに製品販売につながる基盤を構築することができます。