デザイナーバッグ購入前に知っておくべきこと(投資効果も狙えるかも?)

デザイナーバッグ購入前に知っておくべきこと(投資効果も狙えるかも?)

シャネルバッグの購入は、今までは、かなり勇気のいる行動だったかもしれません。しかし、最近では仕事帰りにブランド物のバッグを肩から下げている人を見かけることも珍しくはなくなりました。実際、デザイナーバッグを買っても、それは、必ずしもお金の浪費ではありません。むしろ、投資の可能性すらあるのです。そうです。一部のデザイナーハンドバッグは実際に値段が上がり、何年も前に購入したときよりも高い値で売れてしまうことがあります。こんな風に言うと、手にしたいすべてのハンドバッグを買うことができのかと、ハンドバッグ愛好家にとっての夢のような話に聞こえるかもしれませんが、実際には、揺るぎない現実であり、正しい知識さえ身につけていれば、一つ一つの購入により高い価値を見いだすことができるのです。

 

だからと言って、クレジットカードを片手にシャネルへと向かう前に、知っておくべきことがあります。デザイナーバッグの大半は投資として機能しないだけでなく…失敗すると…(ブティックから一歩出た瞬間、豊かな気分に浸れるかもしれませんが)膨大な浪費をすることになります。もし再販という機会を視野に入れているならば、この事実は念頭に置いておくべきでしょう。購入時よりも値段が上昇して、投資的価値が生まれるケースは非常に稀です。

 

レアで高価なアイテムの価値は上昇しやすい

 

どうか、適当に買ったバッグについて「数年後には値段が数倍になるかも」など淡い期待を抱かないでください。そんなことはまず起こりません。まず、誰でも簡単に購入できるバッグは、希少価値が低く、市場に(中古市場を含め)いとも簡単に出回ることから、どんどんと価値が下がります。価値が下がると「こんなの持っててもしょうがない」と思う人が増え、その人が売りに出し…負の連鎖が続いていきます。逆に、価値が高くレアでなかなか手に入らない物なら、価値が上がり、持っている人は出し惜しみをすることで、さらに価値は上昇していきます。

 

では、どのようなアイテムの価値が上がりやすいのか。高価でレアなアイテムが一番の狙い所です。高価で、世界に1つ、または数点しかないようなデザイナーバックであれば、誰もが、憧れ、喉から手が出るほど欲しがります。にも関わらず、世界にはわずかしかありません。そんな状況ではじめて値段が上がるのです。世界に数点しかないような特別なブランドバッグは往往にして、ダイヤモンドが散りばめられていたり、信じられないような年月をかけて作り上げられたものであったり、とにかく、最初の売値が跳ね上がります。この時点で購入できる人が限られるでしょう。もちろん、購入したからと言って、その後に必ず値段が上昇するとも限りません。リスクの高いギャンブルのようなものですが、本当にレアで高価なものを購入することが投資としての一番の近道であり王道だと言えるでしょう。

 

過去に値上がりをした特定のモデルをリサーチすること

 

投資を行う上で研究は欠かせません。過去にどのようなモデルが値上がりを見せたか、チェックしてみましょう。例えば、シャネルのフラップバッグは、ここ6年間で70%も価値を上げています。製造当時と比べて、現在では、「このバッグがどうしても欲しい。大金の出し惜しみもしない」という人が増えていることから、どんどんと価値が上昇しているのです。過去の動向を見ることは重要です。30年前に製造されたバッグを今では3倍以上の値段で販売できる…なんてことも。どのブランドのどのモデルが人気で、どのような背景により値上がりが促進されているのかを把握しておきましょう。一度値上がりしたからといって、その価格の上昇がずっと続くとは限りませんが、少なくとも、値上がりをしてきた経緯のあるアイテムを選ぶことは、適当に選ぶよりずっと賢いやり方だと言えるでしょう。

 

オンラインでは買えないバッグに狙いを定めよう

 

ここで大事なお知らせがあります。現代社会では多くのブランドのバッグをオンラインで購入できるようになりました。オンラインショップを構えるブランドが大多数を占めます。そんな中でも、店舗に足を運ばないと購入できないというブランドも存在します。そんなブランドのバッグに狙いを定めるのはおすすめです。現に、オンラインでは買えないタイプのバッグである方が再販の際に値段が上がりやすい傾向にあります。考えてみれば何も不思議なことではありません。足を運ばないと買えないことで、購入が難しく、それだけでレア度が上がっているのです。

 

ブランドバッグをお安く購入できる海外の穴場の国

ブランドバッグを買うために海外へ?そうです、海外に出かけてブランドバッグを購入するのは意外とオススメです。よくある質問として「海外旅行に出かけるだけで結果的に高くつくんじゃないの?」というものがあります。いいえ、旅行先をちゃんと考えれば、決して損をすることはありません。それどころか、かなりの得をすることができます。ブランドというのがポイントです。元が高いので、ディスカウントされた時のお得具合が大きくなるのですね。それでは、実際に、ブランドバッグ好きの人にオススメしたい海外旅行先をご紹介します。

 

1. 中国

 

まずは中国です。中国は盤石の知名度でしょう。中国にはいくらでも安いブランドものがあります。もちろんバッグも例外ではありません。中国のコピー技術はすごいもので、だからこそ、偽物もたくさんあります。これについては、誰もが認めることでしょう。このようにたくさんの偽造品があるにはわけがあります。中国の人件費は安く、加えて、中国人の間での競争が激しいため、偽物業界に注目が集まったのでしょう。実際に偽物のレベルや質が低いかと言えば、そんなことはありません。一時期、全ての偽物の質が低かった時もありましたが、現代では、かなり精巧で、ほとんど本物と変わらないものもあります。本物であるかどうかはあまり気にしない人であれば、(質やデザインだけ見るのであれば)中国の商品を考えることもできるでしょう。ただし、あくまでも知的財産権の侵害なので、このようなビジネスに加担してはなりません。ここでもう一歩、話を進めましょう。中国で本物が安く購入できることがあります。中国はさすが世界最大の人口を誇る国で色々な人が、面白いビジネスをしています。中国のあらゆるマーケットを巡ってお得なブランドバッグを探すのはオススメです。中国の広東省では大きなエクスポジションが開催されています。ここには海外からあらゆる人が訪れます。本来のエクスポジションの役割は、事業がアウトソーシングするための工場や製造元を探すためです。しかし、ここは知る人ぞ知る穴場です。そんな裏側に入り込んで、より安いブランドバッグを探してみるのもいいかもしれません。日本から中国人のコミュニティ(中華街など)を辿り、中国の人にまで繋がり、これを続けていって、業界の有力者を見つけるというアドベンチャーをしてみるという手もあるでしょう。

 

2. モロッコ

 

モロッコは穴場中の穴場でしょう。実際、この国で安くあらゆる製品が買えることを知っている人はなかなかいないはずです。モロッコで安く買えるものとして、電化製品、服、バッグなどがあります。他にも食品などあらゆるものが安いですが、代表的なものはこれらでしょう。もちろんブランドもののバッグもあります。バッグを買うならば、ローカルな市場を目指すべきでしょう。ショッピングモールのブランド直営店に向かっても、期待するほどの安いバッグは見つからないでしょう。それもそのはず。いくら物価が安いといってもブランドが決めた価格から大きく離れていないので、日本で購入するのとほとんど変わらないことになります。さらにモロッコまでの航空券代がかかることも忘れてはなりません。向かうべきは、現地の人が買い物をする小さな店です。小さな店であっても、掘り出し物があるものです。見た目で判断してはなりません。重視すべきは現地の女子達からのオススメ具合でしょう。モロッコ人女子は穴場を知っているものです。例えば、毎週、毎月、日曜日だけ開催される大きな市場などでは、あらゆるブランドバッグを見つけることができます。煩雑に積まれている中から、お気に入りのものを探しだす喜びがあるものです。中国に比べると航空券の値段は上がります。一人で往復8-12万円が相場でしょう。そこで、中国で探すことに挑戦して、その後に、さらに遠くにまで挑戦したい場合にはモロッコという選択肢を考えてみるのはいかがでしょうか。

 

終わりに

 

ブランドバッグ発見の旅に答えはありません。色々な国の市場を巡って、自分なりの販路を探してみてください。その国の人の気質や交渉のしやすさなどを鑑みて、自分に合うものを選ぶのがいいでしょう。ここで紹介した他にも、韓国やタイなども穴場です。国ごとに人気なブランドが変わり、そのような特質を比べてみるのも楽しいものです。

 

ショッピング中毒かもしれない5つのサイン

ショッピング中毒かもしれない5つのサイン

 

 

ショッピング好きですか?ショッピングマニア?それともショッピング中毒?中毒まで行ってしまうと要注意です。自分の買い物に対する愛情や、これとの関わり方を今一度チェックしてみましょう。

 

1 未開封の商品

 

あなたのクローゼットには、未開封またはタグ付きのアイテムがたくさんありますか?いいえ、決して、叔母が去年のホリデーシーズンにくれたセーターについて話しているわけではありません。あなたはおそらく、一日も日の目を見たことがない、クローゼットやジャケットの下の方に並んでいる靴のボックスのことを忘れているはずです。クローゼットを開けて、散策してみてください。奥の奥の方に、箱に入ったままの靴などが眠っているかもしれません。

 

2 似たものをたくさん持っている

 

本当に購入すべき?そんな質問を自分に投げかけることなく、次から次へと商品に手を伸ばしていませんか?衝動買いは怖いもので、気づいたら、同じような商品が何個もあるものです。例えば、キャンドル、ハンカチ、シャツ、靴下…人の好みは大抵、ある種のものに固定されているので、それ自体は仕方がないことです。しかし、なぜそんなに同じものを重複して買ってしまうのでしょうか?それは、買い物にハマりすぎている証拠です。買う前に、家にあったかなと考えることができれば、未然に防げるわけで、これを怠っているのは明らか!むしろ、考えるのが嫌な場合が多いです。考えることが苦痛で、むしろ、購入する行動自体が快感になってしまっている可能性があります。これは要注意ですね。

 

3 嫌なことがあると買い物に逃げる

 

衝動買いは、寂しさ、コントロールの欠如、自信の欠如などの感情的な空白を埋めるための試みとしてよく使われます。そして、何より、気持ちがいいので、とっても魅力的です。気分障害、摂食障害、薬物乱用の問題に苦しむ人にも基本的には同じ心理の傾向が見られます。つまり、何かも問題から逃れるために、逃げ場を作っており、これ自体はいいのですが、結果的に自分を苦しめることになってしまうかもしれません。嫌な一日の最後にストレス発散のために買い物。衝動買いを日課にしていませんか? 何かを購入すると興奮状態を生み出す物質が体の中で発生します。これは何かを所有するのではなく、購入する行為に直結しており、”ハイ”な気分、またはアドレナリンの急増を意味します。専門家は、買い物客が望ましい商品を見て購入する時に、快楽に関連する脳化学物質であるドーパミンが頻繁に血液中に放出されることを科学的研究から発見しています。この爆発的興奮は中毒性を誘発することがあります。

 

4 購入の後に後悔の気持ちが続く

 

何かを買った後に、いきなり罪悪感が姿を表す。そんなことありませんか?この罪悪感は、大きな買い物に限ったことではありません。強迫的な、または衝動的な買い物は、しばしば割引セールや掘り出し物に関連づけられる傾向にあります。そして、家に帰ったあと、または翌日に、大きな後悔に襲われるのです。しかし、繰り返される反省にもかかわらず、このような状態にある人は、同じような衝動買いと後悔のサイクルを繰り返すものです。そもそも後悔があるのは、購入したものを本当に必要だと感じていない証です。自分は一番正直です。体の奥の方から出てきているサインだと受け止めて、「そうか、本当は不要なものを購入することで快感を得ているだけなのかもしれない」と真剣に考えてみましょう。新しいものばかりに執着する必要はなく、今持っているものの整理をしてみるのもいいかもしれません。そこから、自分の後悔やショッピングの傾向が見えてくるでしょう。

 

5 買い物をしていない日にそわそわする

 

買い物に依存している状態の人は、ちょっとでも買い物のない日が続くと、不安になります。これは買い物が人格を肯定する要素になってしまっている証拠ですね。そんな意味で、ショッピングをしないと、自分の一部が抜け落ちたような気持ちになってしまうのです。これを解消するには、まず、自分の存在を肯定してアイデンティティを構築することでしょう。ショッピングがなくても自分は存在して、自分には価値があると理解することです。そもそもショッピングで手に入るものはアクセサリにすぎません。あなたがあってこその買い物です。自分自身が一番大事なのだという基本に目を向けることが重要となるでしょう。

 

オンラインショップ作りの前に知っておきたい4つのポイント

オンラインショップ作りの前に知っておきたい4つのポイント

オンラインショップを実際に作り始めようと思ったあなた。まず、何を知っておくべきでしょうか?今回は、初心者の皆さんのために、最初に心得ておくべきポイントをまとめてご紹介します。現段階では、全て、深く考える必要はありません。さらに今後の記事の中で、それぞれを詳しく説明します。

 

  1. システムを慎重に選択すること

 

あいまいで古いコードで構築された専門的なカスタムソリューションがないことが重要です。多くの人に知られており、サポートが整っていて、良いコミュニティがあり、すばらしい見た目のショップを生み出すことができるシステムを選びましょう。自分でコードを組んで色々とデザインをする面倒を避けたいのであればShopifyのようなホスト型プラットフォームを選ぶのが便利です。

 

  1. ショップの最適化を忘れずに

 

多くの人があまり意識しないポイントなのですが、ページ読み込み時間が遅いと、顧客が失われることになります。 オンラインストアを開始するときにホスティングつきのソリューションを利用する場合には、この施策はあまり必要ありません。裏を返せば、自身でできる自由度が少ないとも言えるでしょう。しかし、WordPressや他の自己ホスト型システムを使ってショップを設定したときには、 ページの読み込み速度を改善するための試みは絶対に必要となりまう。例えば、WordPressをスピードアップするためには、画像を最適化(画像の容量を減らすためのプラグインを使用、画像のサイズそのものを小さく抑えるなど)したり、コード(もし、自分でコードを記述する場合には)をシンプルにするなどの作戦が有効です。

 

  1. ユニークなショップにすること

 

自分の製品を実際に制作して販売する予定ですか?それならば、かなりのユニーク度は確保できるはずです。しかし一方で、ある製造元から提供された説明や写真をそのまま使用している人はたくさんいます。これだけでは、何の代わり映えもしません。非常によろしくないやり方です。結果として、あなたのコンテンツは、同じサプライヤーから購入する他の何百ものオンラインショップと、基本的に同じになってしまいます。少なくとも、すべての商品の説明を自分なりに書き換えて、自分のテイストを入れてください。 理想は、自身で製品の写真を撮影することです。製品の写真撮影の際には、あらゆる角度からいくつかのもの写真を撮り、jQueryプラグインなどを使用して回転して表示することのできる360ビューを作成するのも一つの手でしょう。

 

  1. 売るだけでは不十分

 

オンラインで買い物をする場所は世界中に溢れています。つまり、消費者はほぼ無限に選択肢を持っているということです。文字通り、世界中のどのサイトからでも選ぶことができます。 誰もコストをかけずに店舗を立ち上げ、低予算で競争することができるので、価格競争をしている場合を除き、サイトは単なる店舗以上のものでなければなりません。大事なのは、ブランディングをすることです。あなたのショップでなければならない理由を作りましょう。さらに、一つのブランドとしてあなたのショップを認識してもらうことで、その顧客が後からまたショップを訪れてくれる可能性は飛躍的に向上します。買う人の立場になって考えてみましょう。ただのショップ、または、どこにでもありそうなオンラインショップなのか。それとも、印象にはっきりと残る独自の色を出せているのか。新しくオンラインショップの世界に参入する場合を考えてみましょう。その時点ではブランドも、他の人よりもコストを削減する能力も普通持っていません。そんな時には、独特の製品に関する知識や技術、さらに特別な言い回しやコンセプト、デザインを使うことで、単なる店舗以上の印象を提供しましょう。製品に関連する質の高いブログ記事を作成しそれを公開することも有効です。その記事内から自分の製品にリンクを設定することも忘れずに。ブログから製品のページへと移動してくれるお客さんは、あなたのビジネスを支える鍵となります。さらに、専門知識をどんどん披露して、自分自身を専門家として確立することも重要です。あなたの持つ知識を共有し、製品に関係したトピックのコミュニティの一員になれば(もし該当する何かを見つけることができれば)、のちに製品販売につながる基盤を構築することができます。