デザイナーバッグ購入前に知っておくべきこと(投資効果も狙えるかも?)

デザイナーバッグ購入前に知っておくべきこと(投資効果も狙えるかも?)

シャネルバッグの購入は、今までは、かなり勇気のいる行動だったかもしれません。しかし、最近では仕事帰りにブランド物のバッグを肩から下げている人を見かけることも珍しくはなくなりました。実際、デザイナーバッグを買っても、それは、必ずしもお金の浪費ではありません。むしろ、投資の可能性すらあるのです。そうです。一部のデザイナーハンドバッグは実際に値段が上がり、何年も前に購入したときよりも高い値で売れてしまうことがあります。こんな風に言うと、手にしたいすべてのハンドバッグを買うことができのかと、ハンドバッグ愛好家にとっての夢のような話に聞こえるかもしれませんが、実際には、揺るぎない現実であり、正しい知識さえ身につけていれば、一つ一つの購入により高い価値を見いだすことができるのです。

 

だからと言って、クレジットカードを片手にシャネルへと向かう前に、知っておくべきことがあります。デザイナーバッグの大半は投資として機能しないだけでなく…失敗すると…(ブティックから一歩出た瞬間、豊かな気分に浸れるかもしれませんが)膨大な浪費をすることになります。もし再販という機会を視野に入れているならば、この事実は念頭に置いておくべきでしょう。購入時よりも値段が上昇して、投資的価値が生まれるケースは非常に稀です。

 

レアで高価なアイテムの価値は上昇しやすい

 

どうか、適当に買ったバッグについて「数年後には値段が数倍になるかも」など淡い期待を抱かないでください。そんなことはまず起こりません。まず、誰でも簡単に購入できるバッグは、希少価値が低く、市場に(中古市場を含め)いとも簡単に出回ることから、どんどんと価値が下がります。価値が下がると「こんなの持っててもしょうがない」と思う人が増え、その人が売りに出し…負の連鎖が続いていきます。逆に、価値が高くレアでなかなか手に入らない物なら、価値が上がり、持っている人は出し惜しみをすることで、さらに価値は上昇していきます。

 

では、どのようなアイテムの価値が上がりやすいのか。高価でレアなアイテムが一番の狙い所です。高価で、世界に1つ、または数点しかないようなデザイナーバックであれば、誰もが、憧れ、喉から手が出るほど欲しがります。にも関わらず、世界にはわずかしかありません。そんな状況ではじめて値段が上がるのです。世界に数点しかないような特別なブランドバッグは往往にして、ダイヤモンドが散りばめられていたり、信じられないような年月をかけて作り上げられたものであったり、とにかく、最初の売値が跳ね上がります。この時点で購入できる人が限られるでしょう。もちろん、購入したからと言って、その後に必ず値段が上昇するとも限りません。リスクの高いギャンブルのようなものですが、本当にレアで高価なものを購入することが投資としての一番の近道であり王道だと言えるでしょう。

 

過去に値上がりをした特定のモデルをリサーチすること

 

投資を行う上で研究は欠かせません。過去にどのようなモデルが値上がりを見せたか、チェックしてみましょう。例えば、シャネルのフラップバッグは、ここ6年間で70%も価値を上げています。製造当時と比べて、現在では、「このバッグがどうしても欲しい。大金の出し惜しみもしない」という人が増えていることから、どんどんと価値が上昇しているのです。過去の動向を見ることは重要です。30年前に製造されたバッグを今では3倍以上の値段で販売できる…なんてことも。どのブランドのどのモデルが人気で、どのような背景により値上がりが促進されているのかを把握しておきましょう。一度値上がりしたからといって、その価格の上昇がずっと続くとは限りませんが、少なくとも、値上がりをしてきた経緯のあるアイテムを選ぶことは、適当に選ぶよりずっと賢いやり方だと言えるでしょう。

 

オンラインでは買えないバッグに狙いを定めよう

 

ここで大事なお知らせがあります。現代社会では多くのブランドのバッグをオンラインで購入できるようになりました。オンラインショップを構えるブランドが大多数を占めます。そんな中でも、店舗に足を運ばないと購入できないというブランドも存在します。そんなブランドのバッグに狙いを定めるのはおすすめです。現に、オンラインでは買えないタイプのバッグである方が再販の際に値段が上がりやすい傾向にあります。考えてみれば何も不思議なことではありません。足を運ばないと買えないことで、購入が難しく、それだけでレア度が上がっているのです。